So-net無料ブログ作成
お祝い・お祭り ブログトップ

アオブダイのお刺身(日本) [お祝い・お祭り]

桜.jpg
桜の季節になりましたね。
結婚生活も7年目に入りました。パチパチ。

今は子供が小さいので外食する機会は少なくなりましたが、
それまでは彼とあちこち旅行して、いろんなものを食べ歩きました。

結婚式は、旧満州鉄道オーナーの住んでいた日本家屋を改装した隠れ家レストランで、
それまでに二人で食べた美味しいものを出すことをコンセプトに、メニュー決めを。

ビールも、通常は「スーパードライ」のところ、彼が大好きな「サントリー プレミアムモルツ」と、
ビールの苦手な私が唯一愛するベルギーの「ヒューガルデン ホワイト」を用意してもらいました。
デザートも「シュトーレン」や「クレームダンジュ」などなど、すべて自分たちの好きなもので固め、
ガーデンパーティにするからと、お隣の高級BBQレストランからバーベキュー用の特大鉄板と
シェフをお借りし「鉄板焼き」も・・・ワガママ尽くしでスタッフは大変だったと思います^^;

なかでも、「日本のお祝い事といえば鯛でしょ」「でも、調達は無理かも」と思いつつオーダーした
「アオブダイのお刺身」は、「手に入りました!」といわれたときの感慨はひとしおでした。

沖縄で出会った、不細工な顔の魚。
おでこにコブがある巨大なコバルトブルーの魚を市場でおそるおそる食べてみて、
名前のとおり鯛にも似た、そのコリコリした食感に二人で「おいしい!」を連発。

初めての沖縄旅行で「浅黒の男性ってカッコイイな~」と私が軽い気持ちで言ったばかりに、
さっそく日焼けを試み、上半身が水ぶくれだらけになって夜中に病院に駆け込んだ、
ちょっと冴えない旅の、美味しい思い出。

といっても、結婚式は立食形式で、メニューリストは用意してなかったので、
招待者には「?」だったと思います。
ほかにも司会は新郎だわ、全員参加イベントがあるわ、自分たちの好きなようにやったので、
「おもてなし」という意味では30点くらいの結婚式だったかな・・・。
お祝いに来てくださった方々、ごめんなさい。ワガママに付き合ってくださってありがとう!

そしてあれだけ拘ったにも関わらず、お客様の間をずーっと動き回ってた私たちは、
一口も料理を食べられなかったし・・・(><)

桜の季節になると、結婚式にまつわるいろんなことを、苦笑しつつ思い出します。

ちなみに、アオブダイは珊瑚礁に住む魚。
グレートバリアリーフでダイビングクルーズしたとき、日本と違ってインストラクターはつかず、
夜の海に「二人で行っておいで~」と放り出され、コンパスを頼りに恐る恐るも潜ったとき、
珊瑚礁に身を潜めて口から粘液を出して身を守りながら寝るアオブダイを見て、
臆病でカワイイやつだなーと思わず笑っちゃいました。

アオブダイ.jpg
※イマイチ綺麗に撮れてませんが・・・夜の海でサンゴに隠れて眠るアオブダイ

沖縄の市場で、目にも鮮やかな青い巨大魚を見つけたら、
怖がらずに、一度食べてみてくださいねー。

☆海のはくぶつかん 「アオブダイ」
http://www.umi.muse-tokai.jp/encyclopedia/fish/aobdi.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひな鳥の姿焼き&豚の丸焼き&狗肉(中国) [お祝い・お祭り]

ちょうど10年前の3月、中国で結婚式に参加しました。

高校時代に日本語教室のボランティアで仲良くなった中国人の友達が帰国したのを機に、
広東省の中山という町へ遊びに行ったところ、「明日、いとこが日本人と結婚するんだ」とのこと。

しかも、日本人のダンナ様は不参加という、謎の結婚式・・・。
仕事が忙しくて来れなかったのだとか。奥様が日本に渡る前に、
親戚一堂集まって、お祝いをしたかったんだと思います。

結婚式前夜は、男女それぞれに分かれて、食事をします。
男女は「話題が違う」し「口をきいてはいけない」というルールがあるのだとか。

その後は、一晩中マージャンと中国将棋、賭け事。ジャラジャラ。
途中で抜け出して、寝てしまいました・・・ルールもよくわからなかったし。
オヤスミナサイ。

そうそう、中国では、お祝い事には赤が欠かせません。
そのため花嫁の衣装も、全身が赤!!

結婚式は、レストランで披露宴形式で行われたのですが、参加する人数も100人近くて賑やか。
同じテーブルになった80近いおじいちゃんは「わしは今日の花嫁が誰だか知らん」と、
大ボケなコメントをしてました・・・本当に知らないっぽくて、笑えたし。

出てきたメニューで衝撃だったのが、①ひな鳥の姿焼き!!
手のひらサイズの小さな小鳥が、こんがりいい色に焼けてて・・・鈎爪までばっちり、そのまま。
せいぜいローストチキンしかお目にかかったことがない私には、ちょっと刺激が強すぎました。
えい!と食べたら美味しかったのですが、小骨が多くてちょっと食べづらかったです。

衝撃のメニュー②豚の丸焼き!!
レストランに入る前に見てしまったのですが、お店の外の溝(用水路っぽい)に炭を入れ、
そこで火を起こし、その上で、人間と同じくらいの大きさがありそうな大きな豚を、
タレをつけながら、くーるくると丸焼きに・・・。私が見た中ではダイナミックさNo1のBBQ。

中国では、堵殺場にも遭遇。
普通の住宅街のなかに堵殺場があり、ピギーーーー!と甲高い豚の断末魔が響き渡って・・・。
今でも耳を離れないあの声(><)。

その後、オジサンが、ぺったんこに捌いた豚を十数頭も積み重ねて、
ふらふらと自転車を漕いでいた光景は、今も忘れがたいです。

それから、衝撃メニュー③狗肉。つまり、イヌの肉です。
「中国人は、椅子以外で4つ足のあるものはすべて食べる」という冗談がありますが、
イヌ・ネコはまだまだメジャーなメニューのようです。

この狗肉は、披露宴で出されたメニューではなかったのですが、
壁にメニューが貼ってあるのを見つけて、好奇心が抑えられず、注文。

周りの中国人も賛否両論で「まずいよ!」「うまいよ!」の言葉が半々くらい。
ドキドキ。

出てきたのは、香辛料がたっぷり入った、固い煮豚のような塊で、
正直、味は激マズ。まずいから香辛料でごまかしてるんだろうなーという味で、
一口食べて、残してしまいました。ごめんなさい。

狗肉はさておき、お祝いの料理って、お国柄が本当によく出るものだなぁと感心しました。
田舎育ちとはいっても、お肉に関しては、スーパーで売ってる加工されたものしか
見たことがなかったので、素材の味や形をそのままに・・・って姿勢に、刺激を受けました。

「海の中は切り身が泳いでるんでしょ?」と真顔でいう小学生がいる、
という笑い話、自分のことのようで笑えないなぁと自省した一日でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
お祝い・お祭り ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。