So-net無料ブログ作成
検索選択
飲み物 ブログトップ
前の3件 | -

ビールのない国(アメリカ/ナバホ・ネイション) [飲み物]

ビール.jpg
※ワイキキのDuke'sにて、アロハな店員さんとオシャレなビールサーバ。

夫は大のビール好きで、休日ともなれば500m缶6本は軽~く空けてしまいます…。
ヨーロッパの方のように朝から飲むのも大好きで、昼食にもビールは欠かせません。
ビールの銘柄にもうるさく、発泡酒は100発100中で当てて、「発泡酒なのに
メニューにはビールと書いてあるお店は、他のものも信用できない」といいます。
ふだんはわりと大らかというか、優しいのですが、ビールに関しては相当頑なです。

そんな食事の仕方に慣れて10年。
お休みの日に、友達とランチしたとき「何か(アルコールを)飲む?」と聞いて、
爆笑されたことも^^;

一度、ケンカをしたときに、禁酒を言い渡したことがあります。
途中で「100m缶を1日に一缶ならいいよ…」と譲歩したものの、
日に日に元気を失い、笑顔がなくなっていく彼がかわいそうになり、
一週間もしないうちに禁止令を撤回(笑)。

アルコール中毒とまではいかないまでも、彼のビール狂いには呆れてしまいます。
しかも、飲めるのはビールのみ。ほかのお酒を飲むと、記憶が飛んでしまう変な体質。

そんな彼と5年前にアメリカへ旅行したときのことです。
ラスベガスを出発し、ザイオン国立公園→アンテロープキャニオン→モニュメントバレー→
グランドキャニオン→セドナを、2週間かけてぐるっと一周するプラン。
このあたりは地理が複雑で、今回のコースはネバダ・ユタ・アリゾナの3つの州に跨っており、
時差がありました。そしてその一部は、1つの独立国家にも等しい、ナバホという
ネイティブアメリカンのアメリカ最大の保留地でもありました。

旅の2日目の夜。
レイクパウエルに一泊し、ホテル併設のレストランで彼はいつものごとくステーキとビールを注文。
この夏は水不足でかなり水位が下がっていて、レイクパウエルに浮かぶ船が
どこか寂しげだったのを思い出します。

アンテロープキャニオン2.jpgアンテロープキャニオン3.jpg

翌日はアンテロープキャニオンで、水が作り出したという美しい自然の彫刻を見て驚嘆。
わりと忘れっぽい私は、ベルサイユ宮殿の作りはあまり覚えてませんが、
今でもアンテロープキャニオンの、あの美しい色と曲線、手触り、
歩いた一歩一歩の感触を忘れていません。

3日目の午後はモニュメントバレーへの移動。
車を100マイルで飛ばして3時間ほどで、Goulding's Lodge に到着。
モニュメントバレー国立公園内唯一の宿泊施設で、各部屋のベランダからは、
夕方と朝にはすばらしい景観を見ることができます。

モニュメントバレー2.jpg

さて、車を運転しっぱなしで疲れた彼が「ちょっと一杯飲みたいな~」というので、
夕食時でもあったし、ホテル併設のレストランへ。

しかしここで大問題が発生!
レストランにおいてあったのは、ノンアルコールビールが1種類のみ(確かクアーズ)。
タイトルや前振りで既にお気づきでしょうが、ナバホ保留地は、酒類禁制の地だったのです!!

しかし、時すでに遅し。
アンテロープキャニオンからはナバホ居留地です。しかもモニュメントバレーはナバホ保留地の
ほぼ真ん中に位置している・・・ということは、往復6時間かけないと、ビールが手に入らない!!

慣れないアメリカでの運転に疲れていたせいもあってか、
怒り狂い、発狂寸前の彼・・・これには本当に参りました・・・(涙)。
一日くらい我慢できないの?と思っても、これはもう彼の体質ですから仕方がありません。

しかも、トイレの水が詰まって部屋にまで溢れ出したり、モニュメントバレーの見学ツアーでは
行き違いがあり、ナバホの人を怒らせてしまって、恫喝まがいの罵倒を浴びせられ、
払うべきでないお金を取られてしまったり・・・レンタカーのエンジンオイルがなくなるという
ありえない事態で、途中のガソリンスタンドで足止めを食らったり・・・
とにかくナバホ居留地内では散々な思い出ばかり。

モニュメントバレー.jpg

もちろん、アンテロープキャニオンやモニュメントバレーはすばらしかったし、
ガソリンスタンドで車を修理してくれた愛想のいいナバホの男の子とか、
日本語とナバホ語の共通語をたくさん教えてくれたナバホのツアーガイドとか
(「耳」は「ミミ」とかね)、素敵な人にもたくさん出会いました。

ただ、どのレストランでも店でも、アルコール類をまったく置いてないっていうのは盲点でした。
事前に情報を知っていれば、気の持ちようも違ったのに!と情報収集の甘さを嘆きました。

ちなみに、ナバホは母系社会で主な仕事は女性の役割で、男性の社会的役割が希薄となり、
アルコール依存症になる者が多かったため、現在、ナバホの保留地内は酒類禁制なのだとか。

なお、アルコールの持ち込みも禁止されていますので、
ナバホ居留地へ行く際は、禁酒の覚悟をしていってくださいね。

ぜひ、美しい風景に酔って下さい。
nice!(0)  コメント(6) 

ハチミツ入り 橙100%ジュース(日本) [飲み物]

久しぶりに、セラピストのナオコさん(「オーガニックコーヒー チコリ」参照)のところに行こうと
前々から予約してたのに、肺炎にかかってしまい、「マッサージすると新陳代謝がよくなって、
よけいに炎症が活性化するかも」といわれ、泣く泣くキャンセルを。

その翌日、「よかったら、ティートゥリーのエッセンシャルオイルと、ユーカリのスティックオイルを
届けましょうか? ティートゥリーは洗面器に張ったお湯に数滴たらして、バスタオルを頭に
かけて、覆いかぶさるようにして、目を閉じて息を吸い込むといいよ。ユーカリは、アンメルツ
みたいに塗ってもらったら、咳や炎症が少しは楽になると思うのだけど」
と、ありがたい提案をいただき、家の近所で待ち合わせ。

ナオコさんからもらった、ずしりと重みのある袋には、オイルだけでなく、オレンジに似たものが5つ。
「これはね、橙っていうんだけど、無農薬で、青いうちに収穫して、熟すまで取っておいた
ものなの。ゆずみたいに絞って飲んでみてね。ハチミツとか加えるといいかも」
と、これまたありがたい気遣いに感謝!

橙のジュース.jpg

さっそく手絞り。4つ絞って、シャンパングラス1杯分。
一口飲んでみると・・・んんんー、おいしいけど、すっぱい!!
ハチミツを入れてみると、ずっと飲みやすくなりました。

暖めて飲もうかとも思いましたが、シャンパングラスに入れてしまった手前、冷たいままで。
すぅっと体にしみこみます。

ティートゥリーやユーカリも、 スッキリする香りで、気分が少し上向きに。
ナオコさんの優しさに感謝♪ ありがとうございます。

オイルや橙ジュースのおかげで、少し楽にはなりましたが、相変わらず、
話すと咳が止まらなくなるので、家でじーっとしてます。
時が治してくれるのを待つばかり。ふぅ。

ちなみに、ティートゥリーとユーカリは、ドイツのヴィーゼ社のもの。
ハチミツは岡山県にある大月養蜂場の百花蜜。
角のない、とろりとした自然の甘みで、安心します。
百花蜜って、いろんな花のパワーが集まってる気がします。
通信販売もしているので、よかったらお試しください。

☆大月養蜂場
http://www2.kct.ne.jp/~kazu17/


nice!(0)  コメント(0) 

ホットビール(日本) [飲み物]

ホットビール.jpg

グリューワイン(ホットワイン)の国、ドイツではホットビールもあるのだとか。

それに触発されたのか、キリンビール岡山工場に併設のレストランで、
冬限定のホットビール「ホットスタウト」の発売が、昨年に続き、期間限定で発売されています。

約50度に温められた、黒ビール「一番搾りスタウト」に、
好みで砂糖を加え、シナモンスティックでかき混ぜればできあがり。
ビールゼリーチョコも添えられています(甘すぎるので、別で食べたほうがいいですが)。
2月7日~3月31日限定、420円。

お砂糖を入れると、途端に泡がしゅわしゅわと盛り上がります。
ビール酵母は糖分が大好きなので、砂糖を入れた瞬間に
アルコールと炭酸ガスに分解しちゃうので、泡立つそうです。

味は、スパイスいっぱいのグリューワインを飲みつけた私には
ちょっとアッサリすぎましたが、体はポカポカ、いい気分になりました♪

もちろん、家でも簡単に作れますよ。
黒ビールがいいと思いますが(ギネスでもよさそう)、お鍋かレンジで50度くらいに暖めて、
角砂糖をIN! シナモンスティックでくるくるっと混ぜればできあがり~。

キリンビール岡山工場では、工場見学もできます。
ビール工場見学は、9:30以降の土日は30分ごとに開催。
50分の見学+20分の試飲(ビール2杯)を組み合わせると、より楽しい気分で飲めるかも。
くれぐれも、飲酒運転にはご注意あれ。

キリンビアパーク岡山「キリン一番館」
http://www.kirin.co.jp/about/brewery/factory/okayama/restaurant.html#hot
nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | - 飲み物 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。