So-net無料ブログ作成
お菓子 ブログトップ
前の3件 | -

人形焼・大手まんぢゅう(日本) [お菓子]

今年の三社祭開催は5月15-17日。
もうちょっと早くブログを更新したかったのですが、
もうそろそろ祭りが終了する頃になってしまいました。

私の父は神様嫌いで、小さい頃から、近所の子供祭りも参加禁止だったので、
お神輿を担ぐお祭りには、ものすごい憧れがありました。

数年前、居酒屋で隣に座った叔父様達と会話が盛り上がり、何かの拍子に
そのうちの一人が「神輿同好会」のメンバーだと知って、大興奮。
「来月、三社祭でも担ぐけど、一緒にどう?」と誘われて、二つ返事でOK。

生まれてはじめてのお神輿体験♪
数日前に、浅草で手ぬぐいや足袋を購入し、法被はお借りして、本番当日。
着替え終わって緊張していたときに、その叔父様からいただいたのが、
焼きたての人形焼でした。

正直、人形焼きって生地が固くてモサモサした食感だし、
餡も甘すぎて、あまりいいイメージがありませんでした。

でも!食べてびっくり。
美味しい!やわらかい!!

ポイントは「焼きたて」ってところ。
ウィキペディアでも「人形焼は焼いたその日のうちに食べてしまわないと風味が落ちてしまう。
土産物やで販売されている人形焼は工場で量産されたもので焼きたての風味は薄れる」と
あるとおり、焼きたてとお土産用では、まったく別物です。

焼きたてを買える場所は、やはり浅草寺境内近くの売店のようです。
年中買えるので、浅草を訪れたときは、おひとつどうぞ♪

ちなみに、初めてのお神輿は…。
大きな掛け声をかけながら、気合を入れて担ぐのも、
たくさんの観客に注目されるのも、とっても気持ちいい!!

ただ、楽しかったけれど、さすが本物。
神輿の重さは半端なく、背の高い私にはツライものが。
何分か置きに交代しながら進むのですが、30分も担ぐと、肩がパンパンに腫れました!
例の叔父様は「神輿瘤」があると言っていたとおり、その後、
1週間くらいは腫れが引かず…一度参加して十分満足しました^^;

神輿には背の低い女性も参加してましたが、担ぐというより神輿に引っ張られている感じ。
その分の場所を男性に譲った方が、他の人にかかる重さが少なくなることを考えると、
やはり女性が担ぐものではないな、というのが正直な感想です。

ところで、人形焼きと同じ餡入りの和菓子で、岡山といえば「大手まんぢゅう」。
こちらも、本店では焼きたてが買えますが、焼きたてじゃなくても、
電子レンジでちょっと暖めるだけで、美味しさがぐっと増します。

浅草以外ではなかなか買えない焼きたての人形焼。
手に入らない場合は、お土産用を買って、電子レンジで暖めてみてはいかがでしょう?

★浅草 三社祭り(ライブカメラもあり!)
http://www.ematsuri.ne.jp/sanja/#

★大手まんぢゅう
http://www.ohtemanjyu.co.jp/ohsyo/ohsyo.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メープル・キャンディ&バーモントカレー(アメリカ) [お菓子]

maplecandy.jpg
※Brown Family Farm's 100% Pure Maple Candy

「よかったら、今年もホストファミリーをしませんか?」という電話がかかってきたのは先週。

夏休みを利用して2週間滞在するアメリカ人高校生のホストファミリー募集の記事を見て、
即座に電話をかけたのが2年前。

自分自身が、16歳のときにアメリカでホストファミリーに受け入れてもらった経験から、
社会貢献として、自分自身のためにも、いつか絶対にやりたいと思っていた、ホスト体験。

幸い、育児休職中で時間の余裕があったため、ほかのホストからは「生後3ヶ月の
赤ちゃんがいて大丈夫?」と心配されつつも、同居の義父母の理解もあって、
無事に、ホストファミリーを努めることができました。

うちにステイしたMちゃんは、バーモント州出身。
「バーモント州は、牛の頭数の方が人間よりも多いの」とくったくなく笑う、16歳の女の子。
168センチある私よりずっと背が高く、ノーメイクで一緒に撮った写真を見て、実母が
「あなたの方が高校生みたい」と笑うほど大人っぽい、けれどアメリカ人らしい我の強さがなく、
非常に控えめで真面目なタイプのお嬢さんでした。

実はこのプログラム、普通に参加すると50万円以上かかるらしく、参加した子たちのほとんどは
「両親が医者」とかなんとかリッチな子が多い中、Mちゃんは成績優秀だったため、
奨学生として無償で来日したとのこと。ほかの高校生とちょっとタイプが違ったのも頷けます。
勉強熱心で人の話をよく聞く彼女を、義父母は大変気に入り、とってもかわいがっていました。

滞在中、誕生日の2日前に彼女が17歳になることを知り、大慌てで夫とパーティを企画!
即席で招待状をつくり、他の生徒全員に声をかけ、ホストも都合のつく方は来て!と
呼びかけて・・・総勢30人は来たでしょうか。

「日本らしく『夏祭り』をテーマにしよう!」と夫とアイディアを出し合い、たこ焼き器やカキ氷、
ヨーヨーつり、駄菓子コーナー(花火は大人数で収集がつかなくなりそうで泣く泣く諦め・・・)、
ラムネ、スイカなどを用意し、精一杯のおもてなし。

takoyaki.jpg
Let's takoyaki party!!

生き生きと、目を輝かせて喜んでくれる生徒たちを見て、こちらがニコニコの笑顔に。
彼らの一番人気は、龍や薔薇、ドクロの「タトゥシール・クジ」でしたけどネ・・・(苦笑)。

そして、約10人の生徒のうち、ナント4人がステイ中に誕生日を迎える!と分かって、
急遽バースデーケーキに4人分の名前を書いたり、とバタバタでしたが、
参加した人たちが「とっても楽しかった!」とほめてくださるのが嬉しくて嬉しくて。

夫は、モジャモジャ頭(よくいえば芸術家風)で、飄々とした人柄&童顔だからか、
英語ができないので、ホワイトボードを使って(理系の彼は図を書くのが大好きです)
熱心に日本語を解説するところが受けたのか、アメリカ人&ホストの日本人高校生女子の
間でなぜか大人気(人生最大のモテ期♪)。

また主催者には、予定外のイベントを自主的に企画した面白夫婦として歓迎されたようで、
最後のフェアウェルパーティでも、ホスト代表でご挨拶をさせていただいたりして・・・
本当に、素敵な体験をさせてもらいました。

思い出話に熱くなり、ちっとも食べ物にたどり着きませんが・・・^^;
今回は、Mちゃんがお土産として持参してくれた、Maple Candyをご紹介。

バーモント州は、カナダに近いこともあるせいか、メープルが特産品。
Maple Candyは「甘いから注意して!」とMちゃんが言ったとおり、激甘!!
でも、日本人の感覚からすると、茶道で使う砂糖の干菓子と似てるなぁ、という印象。
気軽なお茶席でMaple Candyを出すと喜ばれるかもしれません。

それからMちゃんは、スーパーで見つけた「バーモントカレー」に大爆笑。
夫が「りんごとはちみつ恋をした~♪ ハウスバーモントカレー!」とMちゃんに教えると、
「りんごは確かに有名だけど、はちみつっていうよりはメープルが有名だし、カレーって
バーモント州じゃぜんぜん見かけないよ!なんでバーモントカレーなの!?」と困惑気味。
といいつつも、帰国前には、家族へのお土産にってしっかり買って帰ってましたよー。
帰国後に「バーモントでバーモントカレー作りました:-)」って写真つきのメールも送ってくれて。

varmontcurry.jpg
Mちゃん作、バーモントカレー@バーモント

Mちゃんはその後、名門のコロンビア大学に進学。さすが!
アメリカに帰ってからも、日本語を勉強し続けていると、ときどきメールで教えてくれて、
とても嬉しくて、ほくほくした気持ちになります。

あれからもう2年経つのか~と懐かしく思う一方、
去年と今年は、私が働いてることもあり、義父母の賛同を得られず見送りに…(涙)。
来年は義母が仕事を辞める予定で、状況が少し改善されるので、
またホストファミリー体験ができたらいいねーと話しています。
来年もお誘いがあることを願って(><)。

私の夢の1つに、外国人向けゲスト・ハウスの経営があります。
いろんな国の人が滞在できて、日本の文化を教えてあげることができて、
私もいろんな国の文化をおすそ分けしてもらえる、そういう関係を気持ちよく築けたらいいなーと。
もちろん、ゲスト・ハウス経営は大変なことも多いでしょうが、いつか叶えたい夢の1つなのです^^

★Brown Family Farm's 100% Pure Maple Candy
http://brownfamilyfarmmaple.com
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

神父様のチョコレート(ベルギー) [お菓子]

先週から、変な咳が続くなぁと思ってたら、肺炎にかかってました・・・。
レントゲンで見たら肺が真っ白! ひゃあー。
入院はしなくてもまぁいいでしょう、とのことで、自宅療養中です。
薬で少し落ち着いてはいますが、結構苦しいです。ゴホゴホ。

肺炎は、実は日本人の死亡原因第4位! ぎゃあー。
罹患するのは、体力のないお年寄りが多く、まったく別の症状で入院しても、
院内感染して死亡原因が「肺炎」となることが、ままあるそうです。
免疫力が落ちてると、若くてもかかるとか。うーん。

肺炎ネタで何か書けないかなぁと考えていて、
ふと「organ」という言葉が頭をよぎり・・・。

1 器官, 臓器
2 パイプオルガン,オルガン

と強引にこじつけ、卒業旅行(フランス→ベルギー→スイス)の続き。その4。

ベルギーにはブルージュという街があり、丸ごと世界遺産に登録されています。
「水の都」と呼ばれるブルージュは、ヨーロッパでも有数の古都。車の進入も
たしか規制されていて、のんびりと昔の町並みを散策できます。

この街の教会に入ったときのこと。
今はもう名前も思い出せませんが、大きなパイプオルガンがある教会で、
ステンドグラスや厳かな雰囲気が好きな私は、友人たち5人と、少し長居をしました。

すると、黒いローブを身にまとった神父様が近づいてきて「君たちは日本人かな?」と
尋ねたので、うなづくと「僕は日本人が大好きなんだよ、こっちへおいで」と、
厳かな雰囲気が漂う神父様の控え室など、教会の裏側を案内してくれました。
突然のラッキーな出来事にビックリ!!

しばらく話すうちに「よかったら、うちにおいで。昔、日本人の子がうちにいてね、
そのときの写真を見せてあげる」と誘われ・・・ほいほいとついてゆく、子羊たち。
普段なら「嬉しい出会いだわ♪」と小踊りする私ですが、このときに限っては、
何か勘のようなものを感じ、「この神父、怪しい・・・」と一人警戒。
それでも、友人にそれをうまく伝えられず、自宅へ。

確かに、壁には何十枚も写真や手紙が貼ってあり、どれも日本人からのもの。
本当に日本人が好きなんだなーと思う一方、勝手な警戒心はますます高まり・・・。

チョコレート.jpg

神父様が「よかったらチョコレートをどうぞ」とプラリネだのなんだの、
ベルギーらしいチョコを出してくれた時、素直に手を出す友人を横目に、
「この人が悪徳神父か偽神父で、もしこれに睡眠薬が入ってて、全員で意識を失って、
その間にとんでもないことをされたらどうしよう!!!」と妄想がぐるぐる・・・。

どうしてかというと、ベルギーで宿泊先としてお世話になっていたご夫婦宅に、
「パリ人肉事件」で有名な佐川一政の本があり、前夜にそれを一気読みしたから。
「知らない人についていくと、大変なことになるかも!」という意識が刷り込まれ、
普段のノー天気な行動を慎まねば、とブレーキがかかった次第。 ああ、単純。

神父様が「遠慮しないで」と薦めてくれるのも、友人が微妙な笑顔を
浮かべるのもかまわず、私一人が、頑固に拒み続けたのでした。

数十分後。
誰一人倒れることなく、なごやかな雰囲気のまま、お開きに。

あああああああああ。
本当にただのよい神父様だったのに!!
人の親切を素直に受け取れなかった、天邪鬼な自分を嫌悪。
大好きな大好きなチョコレートを逃したことも悔しく。
友人には、食べなかった理由を話して大笑いされ。
トホホ・・・でした。

「ベルギーのチョコレート」と聞くと、今でもあの神父様の、
ちょっと困惑した顔が思い出されて、申し訳なく思います。

人に感謝することって大切ですよね。
どんなひととも、どんな状況でも、毎日が一期一会。
体が弱っている今だからこそ、改めてそう実感します。

ちなみに、肺はthe lungs 肺炎はpneumonia で、
organではないです、念のため。

それから、ベルギーはチョコレートショップの数が多いことで有名で、
もちろんベルギー人はチョコレート大好き♪なのですが、現地在住の知人によると、
一番人気(8年前のね)は「Godiva」ではなく「Leonidas」だそうです。
値段がGodivaよりもリーズナブルで、美味しいっていうのが人気の秘密。

レオニダス.jpg

岡山にも、2年ほど前に「Leonidas」の正規店がOPEN。
駅前店はカフェに併設されていて、野田店もランチが食べられるイートインスペースあり。
私が一番好きなのはオレンジピールをチョコでコーティングした「オランジット」です。
ホワイトデーのお返し用に、おひとついかがですか?

☆レオニダス(岡山)
http://www.leonidas-alex.jp/shop/okayama.html

☆ベルギー観光局(1つの国なのに、観光局は2つ!! ブルージュは①を参照)
①フランダース政府観光局
http://www.visitflanders.jp/
②ワロン政府観光局
http://www.belgium-travel.jp/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - お菓子 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。