So-net無料ブログ作成

エコバッグ [キッチン用品]

最近、いろんな店で見かけることが増えたエコバッグ、
あなたはいくつ持っていますか?

私は・・・えーと、7個くらい(けっこう多いかも^^;)
ひとくにエコバッグといっても形も機能もいろいろで、
わけてみると4種類持っていました。

1。モリゾーとキッコロのエコバッグ。
「愛・地球博」の少し前に、名古屋で買いました。
モリゾーのイラストがプリントされたバッグを折りたたむと、
キッコロ・プリントのチビバッグに収納できるところがお気に入りです。
(あれれ、行方不明・・・!!写真がアップできません・・・涙)

2。買い物カゴ型エコバッグ。
フェリシモで買いました。お会計のときに、商品を移す方のカゴにセッティングすると、
レジの人が詰めてくれたままで、詰め替え不要のアイディア物。
かなり便利ですが、うまく畳めず、嵩張るのがちょっと残念。
(そのうち、スーパーで写真を撮ってからアップしまーす)

3。高島屋のエコバッグ。
ユーミンがデザインした、というシンプルなバッグ。
縁あって色違いで2枚、いただきました。
機能的には1や2には劣りますが、丈夫で飽きのこないデザインです。
(そのうち、スーパーで写真を撮ってからアップしまーす)

4。コットン地の元祖エコバッグ。
薄手のコットンでてろんとした生地ですが、けっこう丈夫&シンプルなデザインなので、
普段使いもOKだから、使い勝手が一番いいです。
1970年代のドイツが発祥のエコバッグ。ドイツでは、プラスティックバッグは有料というのが
スタンダード。どのスーパーでも、たいていエコバッグを売っていて、1ユーロくらい(約140円)。
デザインもいろいろあって、お手ごろ価格だし、何となく集めちゃいたくなります。
有名デパート「Ka De We(Kaufhaus Des Western 西の百貨店)」のもの、
ドレスデンのフラウエン教会がデザインされたものは、旅行中に必要に迫られて購入
(でもこの2枚は家の中で行方不明・・・いつか見つかったら、写真アップします)。

それからハーブティやレメディで有名な「マリエン薬局」のエコバッグは、
たくさん購入したときに、オマケとしていただいたもの。
フラウエン教会のデザインに近いもので、オシャレな感じです。
(こちらも・・・そのうち写真アップします・・・)

なんとドイツのエコバッグには、「これを持ってきたら、いつでも10%OFF!」とプリントされた
アイディアものもあるとか。こんなお店が近くにあったら、必ず持って行っちゃいますよね~。

エコバッグを持つ事がカッコイイ! という最近の風潮は大歓迎ですが、
手元にあるものを大事にしよう!というのが何より大事かも。
わざわざ「エコバッグ」という名前のバッグを新しく購入しなくても、
もともと家にあるバッグを使ってもいいわけだし。

ただし、機能的には買い物に特化した「買い物かご型バック」なんかもあるので、
いろいろ試しながら一番使いやすいものを探すのは、将来的にはエコな選択・・・かなぁと。

あなたの持ってるエコバッグ自慢、聞かせてくださいね^^

★本のご紹介
エコバッグ・ブック(産業編集センター)」
ドイツ発祥のコットンタイプのエコバッグのデザインと歴史を知るのに、面白い本ですよー。
エコバッグ・ブック

エコバッグ・ブック

  • 作者: 塚本 太朗
  • 出版社/メーカー: 産業編集センター
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 単行本


★ブログご紹介「Gefallener Engel テューテほりっく」
ドイツではエコバッグをテューテと呼びます。テューテのコレクション紹介が楽しいです。
http://dgengel.exblog.jp/i3/
nice!(0)  コメント(116)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。