So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴマつゆの蕎麦&春野菜の天ぷら&よもぎもち(日本) [家庭料理]

冬に車を買ってから、今まで出不精だった夫が、ドライブ好きになりました♪
2年以上かけて選んだコダワリの車なので、乗るだけでも楽しいんですって。
色のせいか塗装の質か、雨がちょっと降っただけでボディが汚れて見えるので、
洗車も小まめにしてて、愛情たっぷりです。

そんなこんなで、今までは土日といえば寝正月ならぬ「寝週末」が多かったのに、
あちこち「遊びに行こう!」と誘ってくれるので、私も娘もハッピーです。

fukiya.jpg

桜の季節に訪れたのは、岡山の吹屋。
銅の産出と、弁柄というインド原産の赤い染料で栄えた町で、
不思議と異国情緒を感じるレトロな町並みに、弁柄色の赤い壁がよく映えます。

正直、見るものはあまりないのですが、町の静かな雰囲気が気に入って、
地元のおばあちゃんが弁柄で染めたという、桜色のスカーフを買いました。
(観光案内所で買う方が、中心部のお土産物屋さんよりだいぶ安いです。
観光案内所は地元のおばあちゃんが、お土産物屋さんは京都の職人さんが
染めているからだとか)

taranome.jpg

御食事処「いろり」で食べた蕎麦は、つゆにゴマがたっぷり入れてあって、美味しーい!!
店内には、古いカメラやアイロン、階段箪笥など、骨董品が並んでいて、これまた味わい深い。
そして店先で売っていた、ボリューム満点の春の味「タラの芽(200円)」。
ちょっと苦味があるタラの芽は、天ぷらにして食べるのが、私は一番好きです。

それから、広島の世羅。
「芝桜まつり」を見に行ったのですが、車で走っていると、「ポピー祭り」「ゆり祭り」
「チューリップ祭り」「桃祭り」等々、看板が次々に現れるので、大爆笑!
村おこしの一環なのでしょうか、「花+祭り」が世羅ではブームのようです。

さてさて。世羅の「いきいき村」というおみやげ物屋さんで購入したのは、
「明日葉(100円)」と、「松きのこ(500円)」というマツタケとシイタケのあいの子。

明日葉は、明日になるとまた葉っぱが出ているという、生命力の強い植物。
東京大島では明日葉のおひたしが地元の味で、ちょっと石油くさいような、
癖のある味わいは、三原山を思い出すと同時に、春だなぁと思わずにはいられません。

miharayama.jpg
※夜明けの三原山と桜

それから、初めての味、松きのこ。ちょっと火であぶってたべると、確かにマツタケっぽい。
見た目はシイタケっぽいのですが、軸の長さと歯ごたえのある食感はマツタケ遺伝子の
成せる業かと。

家に帰って、ミョウガ(スーパーで購入)と併せて、春野菜の天ぷらにしてみました♪
それから、木の芽をすりつぶして味噌・砂糖・みりんで練ったものを、筍の水煮にのせて。
写真を撮り忘れましたが、ああ、春だなぁってしみじみと実感。
日差しもぽかぽか暖かく、幸せな季節です。

yomogimoti.jpg

吹屋にある旧家のお土産物屋さんで、地元のおばあちゃんが売っていたのが、
「よもぎもち」。遠くから、この餅を目当てに来るお客さんも多いのだとか。
残念ながらこの日は売り切れだったので、「タネ」を見せてもらいました。
よもぎは、炭酸で煮るのがコツだそうです。「冷凍しとけばいつでも使えるよ」とも
アドバイスしてもらい、おばあちゃんの知恵袋を頭にインプット(アウトプットは
来年かな・・・^^;)。

どの季節も、旬のものを食べると幸せな気持ちになりますが、
これから夏に向かう春は特別、食べ物からパワーをもらえるような気がします^^
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

メープル・キャンディ&バーモントカレー(アメリカ) [お菓子]

maplecandy.jpg
※Brown Family Farm's 100% Pure Maple Candy

「よかったら、今年もホストファミリーをしませんか?」という電話がかかってきたのは先週。

夏休みを利用して2週間滞在するアメリカ人高校生のホストファミリー募集の記事を見て、
即座に電話をかけたのが2年前。

自分自身が、16歳のときにアメリカでホストファミリーに受け入れてもらった経験から、
社会貢献として、自分自身のためにも、いつか絶対にやりたいと思っていた、ホスト体験。

幸い、育児休職中で時間の余裕があったため、ほかのホストからは「生後3ヶ月の
赤ちゃんがいて大丈夫?」と心配されつつも、同居の義父母の理解もあって、
無事に、ホストファミリーを努めることができました。

うちにステイしたMちゃんは、バーモント州出身。
「バーモント州は、牛の頭数の方が人間よりも多いの」とくったくなく笑う、16歳の女の子。
168センチある私よりずっと背が高く、ノーメイクで一緒に撮った写真を見て、実母が
「あなたの方が高校生みたい」と笑うほど大人っぽい、けれどアメリカ人らしい我の強さがなく、
非常に控えめで真面目なタイプのお嬢さんでした。

実はこのプログラム、普通に参加すると50万円以上かかるらしく、参加した子たちのほとんどは
「両親が医者」とかなんとかリッチな子が多い中、Mちゃんは成績優秀だったため、
奨学生として無償で来日したとのこと。ほかの高校生とちょっとタイプが違ったのも頷けます。
勉強熱心で人の話をよく聞く彼女を、義父母は大変気に入り、とってもかわいがっていました。

滞在中、誕生日の2日前に彼女が17歳になることを知り、大慌てで夫とパーティを企画!
即席で招待状をつくり、他の生徒全員に声をかけ、ホストも都合のつく方は来て!と
呼びかけて・・・総勢30人は来たでしょうか。

「日本らしく『夏祭り』をテーマにしよう!」と夫とアイディアを出し合い、たこ焼き器やカキ氷、
ヨーヨーつり、駄菓子コーナー(花火は大人数で収集がつかなくなりそうで泣く泣く諦め・・・)、
ラムネ、スイカなどを用意し、精一杯のおもてなし。

takoyaki.jpg
Let's takoyaki party!!

生き生きと、目を輝かせて喜んでくれる生徒たちを見て、こちらがニコニコの笑顔に。
彼らの一番人気は、龍や薔薇、ドクロの「タトゥシール・クジ」でしたけどネ・・・(苦笑)。

そして、約10人の生徒のうち、ナント4人がステイ中に誕生日を迎える!と分かって、
急遽バースデーケーキに4人分の名前を書いたり、とバタバタでしたが、
参加した人たちが「とっても楽しかった!」とほめてくださるのが嬉しくて嬉しくて。

夫は、モジャモジャ頭(よくいえば芸術家風)で、飄々とした人柄&童顔だからか、
英語ができないので、ホワイトボードを使って(理系の彼は図を書くのが大好きです)
熱心に日本語を解説するところが受けたのか、アメリカ人&ホストの日本人高校生女子の
間でなぜか大人気(人生最大のモテ期♪)。

また主催者には、予定外のイベントを自主的に企画した面白夫婦として歓迎されたようで、
最後のフェアウェルパーティでも、ホスト代表でご挨拶をさせていただいたりして・・・
本当に、素敵な体験をさせてもらいました。

思い出話に熱くなり、ちっとも食べ物にたどり着きませんが・・・^^;
今回は、Mちゃんがお土産として持参してくれた、Maple Candyをご紹介。

バーモント州は、カナダに近いこともあるせいか、メープルが特産品。
Maple Candyは「甘いから注意して!」とMちゃんが言ったとおり、激甘!!
でも、日本人の感覚からすると、茶道で使う砂糖の干菓子と似てるなぁ、という印象。
気軽なお茶席でMaple Candyを出すと喜ばれるかもしれません。

それからMちゃんは、スーパーで見つけた「バーモントカレー」に大爆笑。
夫が「りんごとはちみつ恋をした~♪ ハウスバーモントカレー!」とMちゃんに教えると、
「りんごは確かに有名だけど、はちみつっていうよりはメープルが有名だし、カレーって
バーモント州じゃぜんぜん見かけないよ!なんでバーモントカレーなの!?」と困惑気味。
といいつつも、帰国前には、家族へのお土産にってしっかり買って帰ってましたよー。
帰国後に「バーモントでバーモントカレー作りました:-)」って写真つきのメールも送ってくれて。

varmontcurry.jpg
Mちゃん作、バーモントカレー@バーモント

Mちゃんはその後、名門のコロンビア大学に進学。さすが!
アメリカに帰ってからも、日本語を勉強し続けていると、ときどきメールで教えてくれて、
とても嬉しくて、ほくほくした気持ちになります。

あれからもう2年経つのか~と懐かしく思う一方、
去年と今年は、私が働いてることもあり、義父母の賛同を得られず見送りに…(涙)。
来年は義母が仕事を辞める予定で、状況が少し改善されるので、
またホストファミリー体験ができたらいいねーと話しています。
来年もお誘いがあることを願って(><)。

私の夢の1つに、外国人向けゲスト・ハウスの経営があります。
いろんな国の人が滞在できて、日本の文化を教えてあげることができて、
私もいろんな国の文化をおすそ分けしてもらえる、そういう関係を気持ちよく築けたらいいなーと。
もちろん、ゲスト・ハウス経営は大変なことも多いでしょうが、いつか叶えたい夢の1つなのです^^

★Brown Family Farm's 100% Pure Maple Candy
http://brownfamilyfarmmaple.com
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

愛! [食事の楽しみ方]

heart.jpg
(1歳の娘が粘土で作った「ハート」♪)

どんな食事も、愛がこめられてなければ、つまらない。

大切な人と一緒に囲む食卓はもちろん、たとえ一人で入ったレストランでも、
お店の人とのちょっとした会話で、その時間が印象深いものになった経験はありませんか?

ファーストフードよりスローフード、というのがここ数年の風潮ですが、
スローという言葉の裏に「愛情」というキーワードが隠れてるんじゃないかと思うのです。

愛にあふれた食卓を教えてくれたのは、夫。
二人暮らしだったころ、「料理は俺の趣味だから、取らないでくれ」と、
私をキッチンから追い出すほど、料理好きで味にうるさい彼は、
とても美味しい料理を、時間をかけて作ってくれます。
私が喜ぶものを。私が美味しいと言ったものを。私がビックリするものを。

あまりにも美味しいので大絶賛すると、彼が半分本気で「お店を開こうかな~」と言います。
私たちに作ってくれるのと同じくらい、愛情をこめた料理をお店で出せば、きっと成功するはず^^

今になって思えば、母の食卓も愛情いっぱいでした。
9人家族だったこともある実家では、母がいつも食べ切れないほどの料理を作ってました。
父と母が喧嘩したとき、父が「お前の料理はいつも1品多いんだ!」と怒り出したほど(笑)。
でも、愛情がなければ、そんなにたくさんの手料理を作ったりしませんよね。

時間がないと、ついスーパーでお惣菜を買ったり、
入ってすぐに料理が出てくるようなお店で、慌しく食事をすることもありますが、
できるだけ、愛や季節感を感じられる、楽しい食事をしたいものです。

お惣菜を買ったら、一手間加えたり、綺麗な器に盛って出してみる。
ファーストフード店でも、お店の人とのちょっとした会話を楽しむ、少しのゆとりを。

こどもが、夫が、一緒に食事をとる人が、「おいしい!」と笑ってくれる、幸せな食卓。
世界中にそんな食卓があふれている、と想像すると、ちょっと楽しい♪

食がキッカケで生まれる素敵な時間を、
つたないながらも、これからも記録していきたいなと思います。
タグ: 季節感
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。